2019年4月8日 2019年度第1回定例懇話会のお知らせ「想像が創造に追いついた。感じるスポーツ! テクノロジーを纏えば、ちょっとがもっとを生み出して、未来の力を手に入れる。キカイダー完成!」 講師:栗田雄一 (広島大学 大学院工学研究科 生体システム論研究室 教授/学長特任補佐)

2019年度第1回定例懇話会のお知らせ

◆ 日時:2019年4月8日(月)18:00開場 18:30講演 20:00懇親会 21:00閉会

◆ 場所:日本学術振興会カイロ研究連絡センター多目的集会室

◆ 講演:「想像が創造に追いついた。感じるスポーツ!

テクノロジーを纏えば、ちょっとがもっとを生み出して、未来の力を手に入れる。キカイダー完成!」

◆ 講師:栗田雄一

(広島大学 大学院工学研究科 生体システム論研究室 教授/学長特任補佐)

◆ 要旨(講師記)

私の研究分野は「人間機械システム」。人間の体の動きや感覚を生かした、人間にとって操作しやすい機械を開発しようとしています。

機械と聞くと、大きくて重いイメージがあると思いますが、私たちが目指したのは、コンパクトで軽くて人間の体に装着できるもの。「アンプラグド・パワード・スーツ(unplugged powered suits)」という、空気圧を利用して人間の体の動きをアシスト(補助)してくれるスーツを開発しました。

歩くことが嫌になってしまった人がもう1度歩こうと思えたり、それまでスポーツが好きでなかった人が「スポーツって楽しい!」と思ってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。人が本来持っている力を、テクノロジーが「ちょっと」アシストすることで、皆さんの生活がより豊かで幸せなものになればと良いなと願っています。

※参加:参加者は、氏名を明記の上、講演 (聴講無料) および懇親会 (参加費30LE) の申込内容を、メール(jspslecmet@gmail.com)にて、前日までにお伝えください。

 

ホームイベント開催済みイベント2019年4月8日 2019年度第1回定例懇話会のお知らせ「想像が創造に追いついた。感じるスポーツ!…