令和4(2022)年 5月号 JSPS Monthly (学振便り)



╋━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
令和4(2022)年 5月号 JSPS Monthly (学振便り)
╋━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
本年4月1日付けで、本会の理事長に杉野 剛が就任いたしました。尚一層の
ご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
________________________
■INDEX
┣【1】トピックス
┣【2】公募案内
┣【3】科研費関連ニュース
┣【4】海外動向
┣【5】行事予定
┣【6】お知らせ

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【1】トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇新理事長就任
 杉野理事長就任挨拶は、以下のURLよりご覧ください。
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/6jYLIAH7ci0D_40515/812705_220502001.html

◇「JDCat分析ツール」サービス開始
 JDCat分析ツールは、統計ソフトをインストールしたりデータを手元に
 ダウンロードしたりすることなしに、RやPythonのプログラムを作成・
 実行しデータを分析できるツールです。
 人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業の一環と
 して開発されました。人文学・社会科学総合データカタログ(JDCat)の
 一部のデータにも連携しています。是非ご活用ください。
 説明ページ https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/Hg4XEHH7ci0D_40515/812705_220502002.html
 JDCat分析ツール https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/d2ZAjaH7ci0D_40515/812705_220502003.html

◇ウェブサイト「WPI Forum」に新コンテンツ
 【世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)】
 WPI研究拠点に蓄積された国際研究拠点形成ノウハウの共有や
 WPI関連行事の案内などを目的に開設したウェブサイト「WPI Forum」に、
 海外研究者を生活面でも支援する現場の取組について聞いた記事を掲
 載しました。
 今回の取材先は、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(WPI Kavli 
 IPMU)です。

 『世界トップレベルの研究者をひきつける
 ―国際交流係・研究支援チームの役割―(下)』
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/6jG54kH7ci0D_40515/812705_220502004.html

 「WPI現場の経験から」インタビュー記事一覧:https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/HBhdjgH7ci0D_40515/812705_220502005.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【2】公募案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※本欄の「受付期間」「受付締切」は各研究機関に対するものであり、
 各研究機関が申請者に対して設定した締切りとは異なることにご注意
 ください。
>>>>>>>> 今月申請受付・申請受付中<<<<<<<<<
【研究への助成を受けたい方へ】----------------
◇令和4(2022)年度科学研究費助成事業(研究活動スタート支援)
 令和4(2022)年度科研費「研究活動スタート支援」の公募を
 受け付けています。
 本事業は、前年7月及び8月の公募時期に応募できなかった研究者が
 一人で行う将来の発展が期待できる優れた着想を持つ研究を対象として 
 います。
 ※受付締切:令和4(2022)年5月11日(水)16:30
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/abC02bH7ci0D_40515/812705_220502006.html

◇科学研究費助成事業(国際先導研究)
 科研費「国際先導研究」の公募を受け付けています。
 本種目では、高い研究実績と国際ネットワークを有する日本側研究者と
 海外のトップ研究者との国際共同研究を強力に支援すると同時に、
 多くの若手研究者の参画を要件として将来の国際的な研究コミュニティの
 中核を担う研究者の育成を目指します。
 受付締切:令和4(2022)年5月18日(水)16:30
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/JFGVJ4H7ci0D_40515/812705_220502007.html

◇令和4(2022)年度科学研究費助成事業(科研費)
 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
 上記種目の令和4(2022)年度分の公募を受け付けています。
 本事業は、日本側研究者が海外の研究機関等に直接出向き、海外の
 研究機関に所属する研究者と共同して行う国際共同研究を対象と
 しています。国際共同研究の基盤の構築や更なる強化、国際的に
 活躍できる研究者の養成も目指しています。
 受付締切:令和4(2022)年5月31日(火)16:30
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/BHteFjH7ci0D_40515/812705_220502008.html

◇ドイツとの国際共同研究プログラム(JRP-LEAD with DFG)
 令和4(2022)年度採用分の申請を受け付けています。
 本事業は、ドイツ研究振興協会(Deutsche Forschungsgemeinschaft,
 DFG)との連携により実施する国際共同研究プログラムに参画する日本
 側研究グループを支援するものです。
 本事業では、リードエージェンシー方式による審査(審査を行う際、片方の
 学術振興機関が主体的に審査を担い、採否を決定。採択された課題を双
 方の機関で支援する)を導入し、今回はJSPSが審査を主に実施します。 
 申請手続、提出書類については、募集要項をご確認の上申請してください。 
 受付締切:令和4(2022)年6月8日(水)17:00       
 公募HP:https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/48Iz1IH7ci0D_40515/812705_220502009.html        
 対象分野:Materials Science and Engineering for Energy Storage,    
 Conversion, and Transport

◇スイスとの国際共同研究プログラム(JRPs)
 令和4(2022)年度採用分の申請を受け付けています。
 本事業は、スイス国立科学財団(Swiss National Science Foundation,
 SNSF)との連携により実施する国際共同研究プログラムに参画する日本
 側研究グループを支援するものです。
 本事業において、今回は正式なリードエージェンシー方式による審査
 (審査を行う際、片方の学術振興機関が主体的に審査を担い、採否を
 決定。採択された課題を双方の機関で支援する)の導入段階として、
 SNSFが審査を実施します。
 申請手続、提出書類については、募集要項をご確認の上申請してください。
 受付締切:令和4(2022)年6月30日(木)17:00
 公募HP:https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/E2_zD6H7ci0D_40515/812705_220502010.html        
 対象分野:Designing Future Societies (All disciplines)

【若手研究者の方へ】----------------- --
◇海外特別研究員
 令和5(2023)年度採用分の申請を受け付けています。
 優れた若手研究者を海外に派遣し、特定の大学等研究機関において
 長期間研究に専念できるよう支援します。
 受付締切:令和4(2022)年5月12日(木)17:00
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/B5RSikH7ci0D_40515/812705_220502011.html

◇海外特別研究員-RRA
 令和5(2023)年度採用分の申請を受け付けています。
 優れた若手研究者が結婚・出産・育児・看護・介護のライフイベントによる
 研究中断等の後に、海外の特定の大学等研究機関において長期間研究
 に専念できるよう支援します。
 受付締切:令和4(2022)年5月12日(木)17:00
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/10u0b6H7ci0D_40515/812705_220502012.html

◇卓越研究員事業
 優れた若手研究者が安定かつ自立して研究を推進できる環境を実現する
 とともに、全国の産学官の研究機関での活躍を支援する事業です。
 ・研究機関
 若手研究者に向けた、令和4(2022)年度のポスト提示を随時受け付けます。
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/14o145H7ci0D_40515/812705_220502013.html
 ・若手研究者
 多様な研究機関において活躍を希望する若手研究者の、令和4(2022)年
 度の申請を受け付けます。
 受付期間:令和4(2022)年5月12日(木)~6月16日(木)17:00
 ※申請開始日は変更になる場合があります。
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/kC9MhbH7ci0D_40515/812705_220502014.html
 ・令和4(2022)年度公募説明会(研究機関向け/若手研究者向け)は
 以下をご確認ください。
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/IA5XCKH7ci0D_40515/812705_220502015.html

◇特別研究員-RPD
 令和5(2023)年度採用分の申請を受け付けています。
 特別研究員制度の一環として、子育て支援や学術研究分野における
 男女共同参画推進の観点から、優れた若手研究者が出産・育児による
 研究中断後に円滑に研究現場に復帰できるように支援する制度です。
 受付締切:令和4(2022)年5月12日(木)17:00
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/j2gu7fH7ci0D_40515/812705_220502016.html

◇特別研究員(PD、DC)
 令和5(2023)年度採用分の申請を受け付けています。
 優れた若手研究者で、大学その他の研究機関で研究に専念することを
 希望する者を「特別研究員」に採用し、研究奨励金を支給する制度です。
 受付締切:令和4(2022)年6月2日(木)17:00
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/1Jn2gfH7ci0D_40515/812705_220502017.html

◇特別研究員-CPD(国際競争力強化研究員)
 令和4(2022)年度採用分の申請を受け付けます。
 優れた若手研究者に海外の大学等研究機関で長期間研究に専念する
 機会を与えること、若手研究者が海外の研究者とのネットワークを構築
 することを目的として、令和元(2019)年度に創設した事業です。

 特別研究員-PDの新規採用者の中で、優れた研究能力を有し、日本国内
 及び海外の大学その他の研究機関で研究に専念することを希望する者を支援します。
 受付期間:令和4(2022)年5月中旬~6月23日(木)17:00
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/87GPFdH7ci0D_40515/812705_220502018.html

【顕彰事業の候補者推薦受付】----------------
◇第13回日本学術振興会育志賞
 令和4(2022)年度分の受賞候補者推薦を受け付けます。
 将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な
 大学院博士課程学生を顕彰する事業です。
 受付期間:令和4(2022)年5月26日(木)~5月31日(火)17:00
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/JIjSD5H7ci0D_40515/812705_220502019.html

【外国人研究者を招へいしたい方・外国人研究者の方へ】 -------
◇外国人研究者招へい事業
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/ji9h43H7ci0D_40515/812705_220502020.html

・外国人特別研究員(一般)
 令和4(2022)年度第2回採用分の申請を受け付けています。
 博士号取得直後の外国人若手研究者を最大2年間日本の大学等に受け入れる制度です。
 受付締切:令和4(2022)年5月6日(金)17:00
 来日時期:令和4(2022)年9月1日(木)~11月30日(水)
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/90WcDKH7ci0D_40515/812705_220502021.html

・外国人特別研究員(欧米短期)
 令和4(2022)年度第3回採用分の申請を受け付けています。
 欧米諸国から博士号取得前後の若手研究者を比較的短期間(1~12か
 月)日本の大学等に受け入れる制度です。
 受付締切:令和4(2022)年6月3日(金)17:00
 来日時期:令和5(2023)年1月1日(日)~令和5(2023)年3月31日(金)
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/1byr0iH7ci0D_40515/812705_220502022.html

・外国人招へい研究者(短期)
 令和4(2022)年度第2回採用分の申請を受け付けています。
 優れた研究業績を有する外国人研究者を短期間(14~60日)招へいし、
 我が国の研究者との討議・意見交換や講演等を行う機会を提供する制度
 です。
 受付締切:令和4(2022)年5月6日(金)17:00
 来日時期:令和4(2022)年10月1日(土)~令和5(2023)年3月31日(金)
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/dD3MG4H7ci0D_40515/812705_220502023.html

>>>>>>>>来月以降の公募・受付予定<<<<<<<<<
【外国人研究者を招へいしたい方・外国人研究者の方へ】 - -----
<New>
◇令和5(2023)年度外国人研究者招へい事業募集要項を公開しました。
 【外国人特別研究員(一般、欧米短期)募集要項】
  https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/5ar587H7ci0D_40515/812705_220502024.html
 【外国人招へい研究者(長期、短期)募集要項】
  https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/AGZVEaH7ci0D_40515/812705_220502025.html

【外国との交流・ネットワーク形成を行いたい方へ】----------
◇日独共同大学院プログラム
 令和5(2023)年度採用分の募集要項を掲載しました。        
 本事業は、日本とドイツの大学院間の組織的な学術の国際交流を
 促進するため、日独双方の大学が大学院博士後期課程の学生及び
 教員を相互に派遣し、国際共同学位プログラムの実現と、博士課程
 における若手研究者の育成及び国際的な共同研究の充実を支援します。

 申請を希望する大学(研究科)は、所属大学長を通じて
 本会に申請してください。申請手続、提出書類については、
 募集要項をご確認の上申請してください。
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/feQaA2H7ci0D_40515/812705_220502026.html
 受付期間:令和4(2022)年10月26日(水)~11月1日(火)17:00    
 対象分野:すべての学術分野

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【3】科研費関連ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇最近のニュース一覧
 ・令和2(2020)年度科研費補助金に係る事故繰越しの承認について掲載しました。
 ・令和3(2021)年度科研費補助金に係る繰越しの承認について掲載しました。
 ・令和4(2022)年度科研費補助金「調整金」を利用した次年度使用の申請について
 掲載しました。
 ・令和4(2022)年度科研費補助金(基盤研究(S))の新規採択課題について
 掲載しました。
 ・令和4(2022)年度科研費補助金(基盤研究(S))の交付内定(新規採択分)について
 掲載しました。
 ・令和4(2022)年度科研費補助金(基盤研究(S))の審査結果の通知について
 掲載しました。
 ・令和4(2022)年度科研費補助金(研究成果公開促進費)の審査結果の開示を行いました。
 ・令和4(2022)年度科研費補助金(特別研究員奨励費)第2回の交付内定を行いました。
 ・科学研究費助成事業における審査及び評価に関する規程(令和4年4月15日改正)について
 掲載しました。
 ・国際先導研究公募について、よくある質問(FAQ)を更新しました。
 ・科研費国際基金(国際先導研究)の公募要領等の英語版を掲載しました。
 ・平成31(2019)年度科研費審査委員(国際科学研究費部会)名簿について公表しました。
 ・令和4(2022)年度科研費の審査結果の開示を行いました。
 ・令和4(2022)年度科研費補助金(奨励研究)の審査結果の開示を行いました。
 ・科研費国際基金(国際共同研究強化(B))の変更交付決定を行いました。

 ※各ニュースの詳細は以下のURLからご覧ください。
  https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/gG2_40H7ci0D_40515/812705_220502027.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【4】海外動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本会海外研究連絡センター等が収集した各国の学術情報等を以下の
ページでご案内しています。
 本ページに掲載する新着情報は電子メールでも配信しています。
(登録無料)
 ・海外学術動向ポータルサイト(新着情報)
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/KbBek3H7ci0D_40515/812705_220502028.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【5】行事予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇サイエンス・ダイアログ    
 JSPSのフェローシップ制度により諸外国から来日している若手研究者に
 有志を募り、近隣の高等学校等において英語で研究に関する講義を行う
 機会を提供するプログラムを全国で実施しています。
 当プログラムにご関心のある高校関係者の方は、以下のURLを参照の上、
 お申し込みをお願いします。
 期間:通年
 場所:全国の高等学校等
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/bk476IH7ci0D_40515/812705_220502029.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【6】お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇人文学・社会科学総合データカタログ(JDCat)
 「人文学・社会科学総合データカタログ(Japan Data Catalog for
 the Humanities and Social Sciences)」(通称:JDCat)では、
 5つの拠点機関が提供する人文学・社会科学分野の多様なデータの
 メタデータを横断検索したうえで、各拠点機関のデータにアクセスする
 ことができます。是非ご活用ください。
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/dEEXbhH7ci0D_40515/812705_220502030.html

◇【登録募集!】研究者に特化したSNS 「JSPS-Net」
 様々な分野で活躍する研究者が自らの研究生活について語る
 「My Research Life」、日本での研究生活の思い出等を語る
 「Member’s Voice」を掲載しています。
 また、受入希望研究者と若手研究者とのマッチングのための
 「Seeking early-career researcher」企画サービスを提供しています。
 会員の研究や研究生活を知ることで研究者専用SNSならではの将来に
 有益な国際交流を構築することが可能です。
 研究者の輪を支援するJSPS-Net に是非ご登録ください。 
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/b6Z-E8H7ci0D_40515/812705_220502031.html

◇「学術の国際交流」リーフレット
 このリーフレットでは、日本学術振興会が実施している学術国際交流事業に
 ついて紹介しています。
 学術研究活動のグローバル化や研究者の国際流動性を一層促進する観点から、
 多様なプログラムを皆様にご提供しております。
 リーフレットをご参照の上、積極的に申請をご検討ください。
 (和文)
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/GEkgBEH7ci0D_40515/812705_220502032.html
 (英文)
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/2j5U14H7ci0D_40515/812705_220502033.html

◇「外国人研究者招へい事業」リーフレット
 このリーフレットでは、日本学術振興会が実施している外国人研究者
 招へい事業について紹介しています。
 諸外国の優秀な研究者を日本の大学等研究機関で受け入れ、日本の
 研究者との共同研究、討議、意見交換等を行うことで、互いの研究の
 進展と日本の研究環境の国際化を支援するフェローシッププログラム
 ですので、リーフレットをご参照の上、積極的に申請をご検討ください。
 (和文)
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/Hfx691H7ci0D_40515/812705_220502034.html
 (英文)
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/CcPlDAH7ci0D_40515/812705_220502035.html

◇Life in Japan(2022-2023)
 外国人研究者招へい事業により長期に来日する外国人研究者のために
 日本での生活に必要な情報をまとめたガイドブックを発行しました。
 詳細は以下のURLを参照してください。
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/ijgTDJH7ci0D_40515/812705_220502036.html

◇男女共同参画推進ウェブサイト「CHEERS!」
 研究分野の男女共同参画の推進を目的として、現状や研究者の声、
 海外の事例、学振の支援制度などを紹介しています。
 是非ご覧ください。
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/KDAYG7H7ci0D_40515/812705_220502037.html

◇新型コロナウイルス感染症に関連する対応について
 新型コロナウイルス感染症に関連する事業等の最新情報につきまして
 は、下記に随時掲載してまいります。
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/51K-10H7ci0D_40515/812705_220502038.html


◆━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…◆
◇本メールマガジンは転送・転載・紹介を推奨します。

◇配信停止・メールアドレス変更・バックナンバーはこちらから
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/3g8N9aH7ci0D_40515/812705_220502039.html

◇内容・記事に関するご意見・お問い合わせ  
 https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/2ecbd3H7ci0D_40515/812705_220502040.html
 発行:独立行政法人日本学術振興会経営企画部経営企画課広報企画室
 Web:https://r34.smp.ne.jp/u/No/4812705/E1YNDbH7ci0D_40515/812705_220502041.html
 Twitter:https://twitter.com/jsps_sns 
◆━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…◆


ホーム未分類令和4(2022)年 5月号 JSPS Monthly (学振便り)