平成31年2月号 JSPS Monthly (学振便り) 

╋━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
平成31年2月号 JSPS Monthly (学振便り)
╋━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
暦の上では春を迎えましたが、相変わらずまだ厳しい寒さが続きます。

一般向けシンポジウム「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019」の
開催まで40日あまりとなりました。参加登録の受付を開始しますので、
是非ご登録ください。詳細は【1】トピックスをご覧ください。
_____________________________
■INDEX
┣【1】トピックス
┣【2】公募案内
┣【3】科研費関連ニュース
┣【4】海外動向
┣【5】行事予定
┗【6】お知らせ

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【1】トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019
本庶佑先生を含むノーベル賞受賞者等の有識者と一般との対話を
目的とした国際シンポジウムを開催します。(参加費無料)
テーマ:The Age to Come 科学が拓く明るい長寿社会
日時:平成31年3月17日(日)10:30~17:00(予定)
場所:パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市)
主催:ノーベル・メディアAB、日本学術振興会
参加登録:明日2月5日(火)より、特設サイトにて登録開始予定
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/cAFIE4KHdtKD_40515/959351_190204001.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【2】公募案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※本欄の「受付期間」「受付締切」は各研究機関に対するものであり、
各研究機関が申請者に対して設定した締切りとは異なることに
ご注意ください。

> >> >> >> 申請受付中・今月申請受付 << << << <
【若手研究者の方へ】----------------- --
◇卓越研究員事業
優れた若手研究者が安定かつ自立して研究を推進できる環境を実現
するとともに、全国の産学官の研究機関での活躍を支援する事業です。
・研究機関
平成31年度(2019年度)の研究機関からのポスト提示を受け付けています。
受付締切:平成31年4月5日(金)17:00
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/Ba0aI5KHdtKD_40515/959351_190204002.html
・若手研究者
平成31年度(2019年度)の若手研究者からの申請を受け付けます。
受付期間:平成31年3月22日(金)~4月24日(水)17:00
※申請開始日は変更になる場合があります。
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/Ekza48KHdtKD_40515/959351_190204003.html
なお、以下のとおり、研究者向け公募説明会を開催します。
第1回
開催日:平成31年3月2日(土)
場所:弘済会館4階(東京都千代田区)
第2回
開催日:平成31年3月9日(土)
場所:グランフロント大阪タワーC 8階(大阪府大阪市)
第3回
開催日:平成31年3月19日(火)
場所:弘済会館4階(東京都千代田区)
※参加にあたっては以下のウェブページをご確認ください。
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/bkbqAeKHdtKD_40515/959351_190204004.html

【科研費の研究成果についてアウトリーチ活動を行いたい方へ】---
◇ひらめき☆ときめきサイエンス
平成31年度(2019年度)ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の
研究室へ~KAKENHIの公募を開始しました。
受付締切:平成31年2月21日(木)午後4時30分(期限厳守)
詳細は公募要領をご覧ください。
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/FIr_BKKHdtKD_40515/959351_190204005.html

>> >> >> >> 来月以降の公募・受付予定 << << << <<
【若手研究者の方へ】----------------- --
◇海外特別研究員
平成32年度(2020年度)採用分の申請を受け付けます。
優れた若手研究者を海外に派遣し、特定の大学等研究機関におい
て長期間研究に専念できるよう支援します。
受付期間:平成31年3月中旬~5月7日(火)17:00
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/9dns9kKHdtKD_40515/959351_190204006.html

◇海外特別研究員-RRA
平成32年度(2020年度)採用分の申請を受け付けます。
優れた若手研究者が結婚・出産・育児・看護・介護のライフイベ
ントによる研究中断等の後に、海外の特定の大学等研究機関にお
いて長期間研究に専念できるよう支援します。
受付期間:平成31年3月中旬~5月7日(火)17:00
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/k9Wmh1KHdtKD_40515/959351_190204007.html

◇若手研究者海外挑戦プログラム
平成31年度(2019年度)第2回採用分の申請を受け付けます。
博士後期課程学生を対象に、3か月~1年程度海外の研究者と共同
して研究に従事する機会を提供します。
受付期間:平成31年3月中旬~5月17日(金)17:00
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/B5Dxb0KHdtKD_40515/959351_190204008.html

【外国人研究者を招へいしたい方・外国人研究者の方へ】-----
◇外国人研究者招へい事業
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/EDvbf7KHdtKD_40515/959351_190204009.html

・外国人特別研究員(欧米短期)
欧米諸国から博士号取得前後の若手研究者を比較的短期間(1~12か
月)日本の大学等に受け入れる制度です。
平成31年度(2019年度)第3回採用分の申請を受け付けます。
受付期限:平成31年4月5日(金)17:00
来日時期:平成31年(2019年)10月1日~平成32年(2020年)3月31日
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/C9zM8IKHdtKD_40515/959351_190204010.html

・外国人特別研究員(一般)
博士号取得直後の外国人若手研究者を最大2年間日本の大学等に受け
入れる制度です。
平成31年度(2019年度)第2回採用分の申請を受け付けます。
受付期限:平成31年4月26日(金)17:00
来日時期:平成31年(2019年)9月1日~11月30日
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/d6y5D6KHdtKD_40515/959351_190204011.html

・外国人招へい研究者(短期)
優れた研究業績を有する外国人研究者を短期間(14~60日)招へいし、
我が国の研究者との意見交換・講演等を行う機会を提供する制度です。
平成31年度(2019年度)第2回採用分の申請を受け付けます。
受付期限:平成31年4月26日(金)17:00
来日時期:平成31年(2019年)10月1日~平成32年(2020年)3月31日
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/c6EVf5KHdtKD_40515/959351_190204012.html

・外国人招へい研究者(短期S)
ノーベル賞級の特段に優れた業績をもつ海外の研究者を短期間(7~30
日)招へいし、講演、研究指導等を行う機会を提供する制度です。
平成31年度(2019年度)第2回採用分の申請を受け付けます。
受付期限:平成31年4月26日(金)17:00
来日時期:平成31年(2019年)10月1日~平成32年(2020年)3月31日
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/5DGA6FKHdtKD_40515/959351_190204013.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【3】科研費関連ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇最近のニュース一覧
・平成30年度 奨励研究実績報告書の作成について掲載しました。
・平成30年度 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))の交付
内定を行いました。
・平成30年度 「我が国における学術研究課題の最前線」を掲載しました。
・平成31年度(2019年度) 特別研究員奨励費の募集について掲載しまし
た。
・平成30年度 基盤研究(S)の研究進捗評価について掲載しました。
・補助事業期間延長承認申請書の提出について掲載しました。
・審査委員名簿の更新について掲載しました。
・研究活動スタート支援の基金化について掲載しました。
・平成30年度 特別研究員奨励費(第7回)の交付内定を行いました。
・「科研費NEWS 2018 vol.3」を掲載しました。

※各ニュースの詳細は以下のURLからご覧ください。
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/9BQK9CKHdtKD_40515/959351_190204014.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【4】海外動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔2月の主なシンポジウム等〕
◇JSPSバンコクセンター主催セミナー
NRCT、JSPSタイ同窓会(JAAT)との共催で「日タイにおける持続可
能な開発目標-スマートシティと都市開発」を開催します。
今回は「スマートシティと都市開発」をテーマに、日タイ双方の専
門家を招へいし、タイの研究者を対象に講演およびパネルセッショ
ンを行い、研究への関心を高める機会を提供します。また、質疑応
答の議論を通じ、日タイ間の研究者ネットワークの形成強化を目指
します。
なお、同日午後は2018年の論博事業における学位取得者に対して、
メダル授与式を実施し、併せてBRIDGEフェローシップ(外国人研究
者再招へい事業)の報告会も実施します。
日時:平成31年2月21日(木)
場所:バンコク(タイ)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/8I90BiKHdtKD_40515/959351_190204015.html

※上記の海外開催シンポジウム等の詳細は、本会国際企画課国際情報
係にお問い合わせください。
(国際企画課国際情報係:overseas-o@jsps.go.jp
本会海外研究連絡センター等が収集した各国の学術情報等を以下の
ページでご案内しています。
本ページに掲載する新着情報は電子メールでも配信しています。
(登録無料)
・海外学術動向ポータルサイト(新着情報)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/E2jIK8KHdtKD_40515/959351_190204016.html
また、各センターの最近の活動状況をニュースレターとして以下の
ページで掲載しています。
・ボンセンター
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/98992JKHdtKD_40515/959351_190204017.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【5】行事予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇AAAS Annual Meeting 2019出展
【世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)】
米国ワシントンD.C.で開催されるAAAS Annual Meeting 2019にてブー
ス出展を行います。
最先端のサイエンスコミュニケーションが交わされる場で、今年度は「融
合研究」にフォーカスし、各拠点やその研究活動を紹介します。
出展期間:平成31年2月14日(木)~17日(日)
会場:Marriott Wardman Park and Omni Shoreham Hotel
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/eisKIBKHdtKD_40515/959351_190204018.html

◇サイエンス・ダイアログ
JSPSのフェローシップ制度により諸外国から来日している若手研究者
に有志を募り、近隣の高等学校等において英語で研究に関する講義を
行う機会を提供するプログラムを全国で実施しています。詳細は以下の
URLを参照してください。
期間:通年
場所:全国の高等学校等
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/6cqCBIKHdtKD_40515/959351_190204019.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【6】お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇第7回WPIサイエンスシンポジウム開催の報告
【世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)】
「トランスフォームするサイエンス―分野をつないで世界を変える」と題し
て、世界トップレベルの研究者と高校生400名をふくむ約900名が
サイエンスの魅力や社会との関わりを語り合いました。
会場から寄せられたご質問への講演者の先生方からの回答も公開して
いますので、ぜひご覧下さい。
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/5fCseeKHdtKD_40515/959351_190204020.html

◇新パンフレット発行の報告
【世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)】
WPIプログラムの新しいパンフレット(第14版)を発行しました。
プログラム概要、全13研究拠点の概要および最新の研究成果をまとめ
ました。ぜひご覧ください。
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/GDtJEkKHdtKD_40515/959351_190204021.html

◇研究倫理eラーニング[eL CoRE]
HTML5版での提供を行っています。各機関においてご活用ください。
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/4ato3cKHdtKD_40515/959351_190204022.html

◇【登録募集!】研究者に特化したSNS 「JSPS-Net」
様々な分野、世界で活躍する研究者自身が語る「My Research Life」
を掲載しています。会員の研究や研究生活を知ることで研究者専用SNS
ならではの将来に有益な国際交流を構築することが可能です。
また、受入希望研究者と若手研究者とのマッチングのための
「Seeking early-career researcher」企画サービスを提供しています。
研究者の輪を支援するJSPS-Net に是非ご登録ください。 http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/G9nPEhKHdtKD_40515/959351_190204023.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大学入試センター試験も終わり、いよいよこれからが入試本番。大学の役割
や使命が揺れる中で多くの若者が入試に挑戦しています。大学の役割に関連し、
学振ボンセンター林正彦センター長がボン大学創立200周年祝賀式典での
シュタインマイヤー独連邦大統領の式辞を紹介されています。
「・・・大統領が「大学」に求める重要な役割とは何だろうか。それは民主主義
と自由の場であれということだった。(中略)民主主義の何たるかを探求するのは
大学の役割だ。そこには学問の自由が必要である。学問の自由があるからこそ、
真理の探究を通して民主主義が何であるかを学ぶことができる。学問の自由は
学問自身が守るしかない。それは大学人の責務である。・・・」
(『ぼんぼん時計No.62』「センター長コラム」より抜粋)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/1c8FakKHdtKD_40515/959351_190204024.html
昨今は大学の役割として、産学連携、イノベーションなど経済発展や地域貢献
の役に立つことばかりが強調されることが多いですが、個人的には慧眼の発言
だと感心します。
ボンセンター小平桂一前センター長からも座右の銘*をお聞きする機会が
ありましたが、大学や学問の本質を突き、感銘を受けました。
* 「教えるとは共に希望を語ること 学ぶとは誠実を胸に刻むこと」
(ルイ・アラゴン「ストラスブール大学の歌」より)
大学関係者の皆様の益々のご活躍と学問研究の一層の発展を祈念します。
学び舎で 刻みしときを あゆむ道           (編集担当)

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
クリック数調査のため、各リンクはr34.smp.ne.jpを含むURLとなって
おります。あらかじめご了承ください。
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

◆━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━◆
◇本メールマガジンは転送・転載・紹介を推奨します。

◇本メールマガジンに記載されているURLのリンク先は振興会以外のものが含まれる
場合がございます。リンクした場合、リンク先ページ以降はその組織の規約に則った
ページとなりますのでご了承ください。

◇配信停止・メールアドレス変更・バックナンバーはこちらから
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/aj7ykDKHdtKD_40515/959351_190204025.html

◇内容・記事に関するご意見・お問い合わせ
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/GArs3gKHdtKD_40515/959351_190204026.html

発行:独立行政法人日本学術振興会経営企画部情報企画課
http://r34.smp.ne.jp/u/No/3959351/354GceKHdtKD_40515/959351_190204027.html
(C)Japan Society for the Promotion of Science. All Rights Reserved.
◆━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━◆

ホーム学振便り平成31年2月号 JSPS Monthly (学振便り)