論文博士号取得希望者に対する支援事業 (RONPAKUプログラム)

アジア・アフリカ諸国の大学等学術研究機関に所属している研究者研究者が、日本の大学において、大学院の課程によらず、論文の提出によって博士の学位(論文博士号)を取得できるよう、継続的な経済支援をおこなうプログラムです。
平成29年度(2017年度)採用募集時点での対象国は以下のようになっています:

アジア(含 中東):アフガニスタン、イエメン、イラク、イラン、インド、インドネシア、オマーン、カンボジア、サウジアラビア、シリア、スリランカ、タイ、中国、トルコ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ヨルダン、ラオス、レバノン

アフリカ:アルジェリア、アンゴラ、ウガンダ、エジプト、エチオピア、エリトリア、ガーナ、カーボヴェルデ、ガボン、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、ケニア、コートジボワール、コモロ、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、サントメ・プリンシペ、ザンビア、シェラレオネ、ジブチ、ジンバブエ、スーダン、スワジランド、セーシェル、赤道ギニア、セネガル、ソマリア、タンザニア、チャド、中央アフリカ、チュニジア、トーゴ、ナイジェリア、ナミビア、ニジェール、ブルキナファソ、ブルンジ、ベナン、ボツワナ、マダガスカル、マラウイ、マリ、南アフリカ、南スーダン、モザンビーク、モーリシャス、モーリタニア、モロッコ、リビア、リベリア、ルワンダ、レソト

ヨーロッパ:アゼルバイジャン、アルメニア、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、グルジア、タジキスタン、トルクメニスタン
なお、パレスチナについても対象国に準じて取り扱う。

(注)本募集より、学位授与制度が十分発展しているとみなされる国を対象外とすることにし、我が国の政府開発援助(ODA)の被支援国に対象国・地域を限定します。よって、アラブ首長国連邦、イスラエル、カタール、韓国、クウェート、シンガポール、バーレーン、ブルネイ及び対象国に準する取扱いであった台湾について対象外とします。

最新情報

投稿が見つかりません。

論博研究者 申請・採用状況

(A) 平成22年度からのエジプト人研究者申請・採用者数

採用年度申請者数新規採用者継続者支援者数合計
H22 (FY2010)511
H23 (FY2011)7213
H24 (FY2012) 2022
H25 (FY2013)0011
H26 (FY2014)2011
H27 (FY2015)4213
H28(FY2016)3011
H29(FY2017)0011

(B) 平成27年(2015年度)までのエジプト人論文博士号取得者数:   0名

ホームプログラム・フェローシップ論文博士号取得希望者に対する支援事業 (RONPAKUプログラム)