二国間交流事業共同研究/セミナー

日本学術振興会では、海外の学術振興機関との学術の国際協力に関する合意に基づき、二国間交流事業を行っています。
このプログラムでは、二国間の研究チームの持続的ネットワーク形成を目指し、相手国の研究者と協力して行う共同研究・セミナーの実施を支援しています。
このプログラムでの共同研究・セミナーには、以下の種類があります:

  1. 海外の学術振興機関(対応機関)と、学術の国際協力に関する合意に基づく共同研究・セミナー(A 対応機関との合意に基づく共同研究・セミナー)
  2. 日本と国交のある全ての国を対象とした共同研究・セミナー(B オープンパートナーシップ共同研究・セミナー)

エジプトにおける対応機関はエジプト科学研究省(Ministry of Scientific Research: MOSR)ですが、実施組織はMOSR傘下のエジプト科学技術開発基金(Science and Technology Development Fund: STDF)です。平成27年(2015年)現在、共同研究は「自然科学」、セミナーは「人文・社会・自然科学」分野での募集が行われています。
https://www.jsps.go.jp/j-bilat/semina/jrss.html
https://www.jsps.go.jp/english/e-bilat/index.html

最新情報

現在実施中・開催予定の共同研究/セミナー

エジプトにおける共同研究一覧

– エジプト‐日本協調観測によるガンマ線バーストの共同研究 (Collaborative Research of Gamma-ray Bursts by Coordinated Astronomical Observation between Egypt and Japan)
実施期間:平成22年4月1日~平成24年3月31日
日本側代表:吉田道利教授 (広島大学宇宙科学センター)
エジプト側代表:Researcher Gamal B. ALI (National Research Institute of Astronomy and Geophysics)
– 農業廃棄物を利用したナノグリーンコンポジットの創製 (Super Application of Agricultural Waste to Green Nanocomposite Materials)
実施期間:平成22年4月1日~平成24年3月31日
日本側代表:奥林里子准教授 (京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科)
エジプト側代表:Assoc. Prof. Waleed EL-ZAWAWY (National Research Center)
– 環境修復・有用物質生産のための芳香環水酸化酵素のプラスチド発現系の構築(Plastidic expression of X- or N-containing xenobiotic aromatic compounds degradative dioxygenase for the bioremediation and production of pharmaceuticals compounds)
実施期間:平成23年 4月1日~平成25年3月31日
日本側代表:野尻秀昭准教授 (東京大学生物生産工学研究センター)
エジプト側代表:Lecturer Hamdy Abdel-Azeim Hassan ALY (Minufiya University)
– エジプトのH5N1高病原性鳥インフルエンザウイルスの疫学調査とウイルス学的研究(Epidemiological and Virological studies of Highly Pathogenic Avian Influenza Viruses H5N1 circulating in Egypt)
実施期間:平成23年4月1日~平成25年3月31日
日本側代表:生田和良教授 (大阪大学微生物病研究所)
エジプト側代表:Assoc. Prof. Madiha Salah IBRAHIM (Alexandria University Damanhour Branch)
– 第一原理電子状態計算によるナノ材料のひずみ抵抗効果の予測とナノセンサへの応用(First-principles electronic structure calculation of Piezoresistive effect of nanoscale material and its application to nanosensor)
実施期間:平成24年4月1日~平成26年3月31日
日本側代表:田畑修教授 (京都大学・工学研究科)
エジプト側代表:Prof. Ahmed ABD EL-MONEIM (Egypt-Japan University of Science and Technology, Materials Science and Engineering Department)
– 医療用低コスト生体材料の設計および製造 (Design and Fabrication of New Low Cost Biomaterials for Medical and Healthcare Applications)
実施期間:平成24年4月1日~平成26年3月31日
日本側代表:小林千悟准教授 (愛媛大学・理工学研究科)
エジプト側代表:Assoc.Prof. Khaled M. IBRAHIM (Central Metallurgical R&D Institute(CMRDI))
– 遺伝子型4のC型肝炎ウイルス増殖系開発とNS4b蛋白質の機能的解析 (Development of genotype 4 hepatitis C virus replication system and functional analysis of NS4b protein)
実施期間:平成25年9月1日~平成27年8月31日
日本側代表:脇田隆字部長 (国立感染症研究所・ウイルス第二部)
エジプト側代表:Assis. Professor Ashraf Abdou SALEH TABLL (National Research Center, Microbial Biotechnologydepartment, Genetic Engineering and Biotechnology Research Division)
– エジプト‐日本協調観測によるガンマ線バーストの共同研究 II (Collaborative Research of Gamma-ray Bursts by Coordinated Astronomical Observation between Egypt and Japan II)
実施期間:平成25年10月1日~平成27年9月30日
日本側代表:吉田道利教授 (広島大学宇宙科学センター)
エジプト側代表:Researcher Gamal B. ALI (National Research Institute of Astronomy and Geophysics)
– バイオ燃料・グリーンケミカル生産へのエジプト河海由来細菌・育種イネの戦略的活用(Innovative biofuel and green chemical production by novel Egyptian aquatic bacterial isolates from designed and modified biomass)
実施期間:平成26年4月1日~平成28年3月31日
日本側代表:園元謙二教授 (九州大学大学院農学研究院)
エジプト側代表:Assis. Professor Amira Mohsen El-Sayed HAMDAN (Alexandria University, Faculty of Science)
– 蛇紋岩によるCO2鉱物化固定促進に向けた統合的研究
実施期間:平成27年5月1日~平成29年3月31日
日本側代表:辻健準教授 (九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所)
エジプト側代表:Assoc. Professor Mohamed Mahmoud Ahmed ALI ABU ELRUS (Assiut University, Faculty of Science)
エジプトにおけるセミナー一覧
– 遺伝性疾患の新時代 (A New Era of Genetic Diseases)
開催期間:平成22年10月3日~4日
日本側代表:松本直通教授 (横浜市立大学医学研究科)
エジプト側代表:Assoc. Prof. Ghada M.H. ABDEL-SALAM (Clinical Genetics Department, NRC)
– ナノ・環境テクノロジーに基づくハイテク繊維・材料の創成 (Creation of High-tech Materials and Fibers Based on Nano- and Green-technologies)
開催期間:平成22年12月5日~8日
日本側代表:木村良晴教授 (京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科)
エジプト側代表:Assoc. Prof. Ahmed Sabbah El-Din EL-SALMAWY (Faculty of Applied Arts, Helwan University)
– 素粒子天体物理学でさぐる初期宇宙の進化(ECTP-RESCEU Seminar on Astrophysics and Cosmology)
開催期間:平成23年12月7~14日
日本側代表:横山順一教授 (東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター)
エジプト側代表:Director Abdel Nasser TAWFIK (Egyptian Center for Theoretical Physics, MTI University)
– ナイルデルタの統合水資源管理に向けた日本・エジプト水理水文ネットワークの構築(JE-hydronet: Modern Methodologies for the Management, Monitoring and Planning of Integrated Water Resources in Nile Delta) 
日本側代表:角哲也教授(京都大学防災研究所)
エジプト側代表:Prof. Ibrahim Abdelmagid ELSHINNAWY (国立水研究センター海岸研究所(Coastal Research Institute, National Water Research Center))
– 第1回メカトロニクス・ロボティックスの実践的教育に関するワークショップ (First Egypt-Japan Workshop on Practical Education for Mechatronics and Robotics)
実施期間:平成26年3月22-26日
日本側代表:山川宏教授 (早稲田大学・理工学術院)
エジプト側代表:Provost Ahmed ABOISMAIL (Egypt-Japan University of Science and Technology, the Mechatronics and Robotics department)

申請・採用状況

エジプトにおける共同研究申請・採用状況

年度

新規

継続実施年数

実施件数(計)

募集件数

申請件数

採択件数

H23 (2011)

2

28

2

2

4

H24 (2012)

2

25

2

2

4

H25 (2013)

2

23

2

2

4

H26 (2014)

2

5

1

2

3

H27 (2015)

2

19

1

3

4

エジプトにおける共同セミナー申請・採用状況

年度

新規

継続実施年数

実施件数(計)

募集件数

申請件数

採択件数

H23 (2011)

2

5

2

2

H24 (2012)

2

1

0

0

H25 (2013)

2

3

1

1

H26 (2014)

2

0

0

0

H27 (2015)

2

1

0

0