2017年8月3日 2017年度第1回現代中東研究会『アフマド・アブダッラー監督「敷物と掛布」の上映(日本語字幕付き)と解説』

◆ 日時:2017年8月3日(木)17:30開場 18:00開始 20:00懇親会 21:00閉会
◆ 場所:日本学術振興会カイロ研究連絡センター多目的集会
◆ 講演:『アフマド・アブダッラー監督「敷物と掛布」の上映(日本語字幕付き)と解説』
◆ 講師:勝畑冬実(東京外国語大学AA研ジュニア・フェロー)
今回の懇話会では、「1月25日革命と映画」「エジプト映画の新潮流」について考えてみたいと思います。題材とする映画「敷物と掛布」(2013)は、2011 年の革命下のカイロを一人の脱獄囚がさまようという内容なのですが、革命の中心地タハリール広場ではなく、周辺の貧困地区の状況が淡々と描かれます。本作品は、2017年「イスラーム映画祭2」で、渋谷・名古屋・神戸の三都市で7回上映されました。カイロの貧困地区(死者の町、マンシェット・ナーセル)から1月25日革命を眺めた作品です。エジプト映画というと「賑やかな大衆娯楽作品」という印象がもたれがちですが、本作品では主人公はほとんど言葉を発しません。「民衆のデモによる政権の打倒」という出来事の背後にいたはずの、「声をもたない人々」の存在を想起させる異色作となっています。革命以後、エジプト映画界では、これまでにない芸術的・実験的な作品が目立つようになってきています。本作品を通じて、エジプト映画の新しい一面を探ることができればと思います
◆ 参加:参加者は、氏名を明記の上、講演 (聴講無料) および懇親会 (参加費30LE) の申込内容を、メール(jspslecmet@gmail.com)あるいは電話・Fax.(02-2736-3752)にて、前日までにお伝えください。
※今回は映画上映のため開場及び開始時間が通常よりも30分早いので、ご注意ください。

ホームイベント定例懇話会2017年8月3日 2017年度第1回現代中東研究会『アフマド・アブダッラー監督「敷物と掛布」の上映(日本語字幕付き)…